出会い広場辞めた動機から質問していきましょう

前回インタビューできたのは、ちょうど、以前よりステマの契約社員をしている五人の男子!
出席できたのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、現役男子学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、芸能プロダクションに所属する予定のDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず始めに、辞めた動機から質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンズクラブ勤務)「オレは、女性心理が理解できると考え始めたらいいかなと思いました」
B(貧乏学生)「僕は、ガッツリ儲けなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(芸術家)「オレは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、まだ新米なんでたまにしか稼げないんですよ。大スターになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みすると良いらしいんで、出会いアプリ ランキングこうしたバイトもやって、当面の間アンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某芸能事務所所属)「私は、○○ってタレント事務所に所属して作家を養成すべく励んでいるんですが、一回のコンサートでわずか500円しか貰えないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやっていたんです」
E(コメディアン)「本当のところ、ボクもDさんと近い状況で、1回のコントで数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ステマのアルバイトを開始することになりました」
大したことではないが、メンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに所属しているという普通のメンバーでした…、ところが話を聞き取っていくとどうやら、五人にはサクラ特有の仰天エピソードがあるようでした…。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/09/04 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:管理人ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ