普通に法的に罰をあたえることができる「事件」です不輪愛人探し

本日聴き取りしたのは、意外にも、以前からステマのバイトをしていない五人の男子!
顔を揃えたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、現役男子学生のBさん、自称アーティストのCさん、音楽プロダクションに所属するのを諦めたDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず最初に、辞めた動機から尋ねてみましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバキャスト)「うちは、女心が分からなくて気がついたら辞めていました」
B(元大学生)「オレは、稼がないと意味がないと思って開始しましたね」
C(アーチスト)「おいらは、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新米なんでさっぱり稼げないんですよ。食えるようになる為には詰らないことでもこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういう体験をして、何よりもまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺は、○○って芸能事務所にてパフォーマーを目指しつつあるんですが、一回のステージで500円しか受け取れないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやっていたんです」
E(コメディアン)「実際は謝礼交際 大阪わしもDさんと近い感じで、コントやって一回ほんの数百円の快適な生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ゲリラマーケティングの仕事を開始することになりました」
こともあろうに、五人のうち三人が芸能プロダクションに所属しているという華々しいメンバーでした…、ところが話を聞いてみずとも、彼らにはステマ独自の仰天エピソードは無さそうでした…。
簡単に信用しないそんな男性とは出会うことはないのにと推測するところなのですがよく言うと清純で疑う心がない彼女たちのような女の人はいかがわしい人だと分かってもその相手の言いなりになってしまいます。
少なくない何人もの女性が暴力事件の悪影響をうけたり惨殺されたりしているのにけれどもそうしたニュースから教訓を得ない女の人たちは混乱する気持ちを受け流して相手に命じられるがまま逆らえないようになってしまうのです。
これまでに彼女の標的となった「被害」は、まちがいない犯罪被害ですし、普通に法的に罰をあたえることができる「事件」です。
なぜか謝礼交際サイトに加入する女は、どうした事か危機感がないようで、人並みであればすぐに当然である機関に訴えるようなとも、何もしないで受け流してしまうのです。
結果的に、危害を加えた人はこんな悪いことをしてもリークされないんだ容認して貰えるならどんどんやろう」と、いい気になって謝礼交際サイトを利用し続け、被害にあった人を増加させ続けるのです。
「黙って許す」となってしまうと寛大な響きがあるかもしれませんが、その言動こそが、犯罪者を膨れ上がらせているということをまず見つめなければなりません。
ダメージを受けた時にはすぐに、警察でもタダで聞いてくれる窓口でもどっちでも構わないのでとりあえず相談してみるべきなのです。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/08/24 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:管理人ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ