おすすめせふれアプリ福岡せふれ掲示板

以前紹介した記事には、「知るきっかけがせふれアプリだったものの、直接会うことにしたら犯罪者だった」となる女性に関するお話を紹介しましたが、その後この女性はなんと、男性との出会いが交際に進展することになってしまいました。
当事者として、「男性は格好から普通とは違い、怖さで何も考えられず一緒に行くことになった」と言いましたが、もっと詳しい話を聞くうちに、魅力的な所もたくさんあったので断らなくても良いと思ったようです。
その彼がどういった罪だったかというと、結構な長さのある刃物を使ってまさに自分の親を刺したものだったので、もしもの事を考えると危険だと思う人も少なくないでしょうが、話した感じではそういった部分がなく、普段はそれこそ親切なぐらいでしたから、問題など起こらないだろうと、分かれるのではなく付き合い始めたのです。
彼女も最初は良かったようですが、やはり男性のことが怪しく思えるときがあったので、分からないようにそっと家を出て、男性とは別れる事にしたのだという事になったのです。
特に怒らせることがなくても怖さを感じるようになり、一緒に生活していた部屋から、自分勝手だと思われてもいいのでとにかく出てきたのだということですが、どうやら一緒にいると恐怖感が強かった事も本当のようですが他にも、お互いに言い争う事になると、力の違いを利用するようになり、激しい暴力に訴えるような素振りをする事が増えたから、お金に関しても女性が出すようになり、色々な頼みを断らずにして、平穏に暮らそうとしていたのです。
本日取材拒否したのは、意外にも、以前よりゲリラマーケティングのアルバイトをしている五人のおじさん!
集結したのは、メンキャバで働くAさん、現役男子学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん、某芸能事務所に所属していたDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「では始めに、やり出すキッカケからうかがっていきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(元昼キャバ勤務)「小生は、女性心理が理解できると考え開始しました」
B(元大学生)「自分は、ガッツリ儲けなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(音楽家)「俺様は、歌手をやってるんですけど、まだ新米なんで一切稼げないんですよ。有名になる為にはささやかな所から地道に下積みしなきゃいけないんで、こういうアルバイトをやって、ひとまずアンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「おいらは、○○って芸能事務所に所属してダンサーを夢に見てがんばってはいるんですが、一回のステージで500円だけしか貰えないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやっていたんです」
E(ピン芸人)「実を言えば、ボクもDさんと似た感じで、1回のコントでほんの数百円の極貧生活してるんです。先輩の紹介で、ステルスマーケティングの仕事を開始しました」
よりによって女 せふれ全メンバー中半数以上がタレントプロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、ところが話を聞く以前より、五人にはステマ独自の喜びがあるようでした…。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/08/23 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:管理人ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ