せふれ関係保つには

出会いを見つけるネットサイトには、法を守りながら、きっちりと運営しているせふれサイトもありますが、腹立たしいことに、そのような信頼できるサイトはごく一部です。
その一グループ以外のサイトは、見た瞬間詐欺だと分かる行為を罪悪感もなくやっており、騙されやすい男性を引っ掛けては金を搾り取り、騙しては金を搾りとりを繰り返します。
もちろんこんなことが法で許されているはずがないのですが、せふれサイトの経営者は法を逃れる方法を知っているのでIPをバレる前に変えたり、事業登録しているアパートを転々とさせながら、警察の目が向けられる前に、潜伏場所を撤去しているのです。
このような逃げるのが上手い人が多いので、警察がいかがわしいせふれサイトを暴けずにいます。
すぐさまなくなってしまうのがベターなのですが、怪しいせふれサイトはどんどん増えていますし、どうも、中々全ての怪しいサイトを罰するというのは用意な作業ではないようなのです。
法に触れるせふれサイトがいつまでも人々に詐欺行為をしているのを放任しておくのは良い事ではありませんが、警察の悪質サイトのチェックは、着実に、手堅くその被害者を助けています。
長期戦になるかもしれませんが、現実とは離れた世界から違法サイトを一掃するには、そういう警察の力量を頼って待つしかないのです。
交流サイトは、仮の請求などの悪質な手口を使用して利用者の預金から盗み取っています。
その方策も、「サクラ」を働かせるものであったり、利用規約の内容が成り立たないものであったりと、種々の方法で利用者を引っ掛けているのですが、警察が無視している件数が多い為、まだまだ曝露されていないものがいくらでもある状態です。
特に、最も被害が甚大で、危険だと想定されているのが、児童との売春です。
言わずもがな児童売春は法的にアウトですがせふれせふれサイトの典型的で邪悪な運営者は、暴力団と相和して、計画してこの児童を使った技で利用ユーザーから大金を騙し取っています。
このケースで周旋される女子児童も、母親から強要された奴であったり困難な事情のある人物であったりするのですが、暴力団は高々利益の為に、容赦なく児童を売り飛ばし、せふれサイトと腕を組み利潤を出しているのです。
そうした児童だけかと思いきや暴力団に従った美人局のような女が使われている事例もあるのですが、暴力団のほとんどは、女性を性奴隷にして使うような犯罪に手を出しています。
とはいえ早々に警察が指導すべきなのですが面倒な兼ね合いがあって依然として取り締まりの対象にならない状況なのです。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/06/06 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:管理人ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ