出会える援助

D(ホステス)「ブランド物のバッグとか、ねだればよくないですか?あたしもそうなんだけど、他の人にも同じもの欲しがって1個は自分用で残りは売り払う」
筆者「そうだったんですか?せっかくもらったのにそんなことになっていたなんて」
D(キャバクラ在籍)「びっくりしてるけどふつうはそうでしょう?飾ってたって案外場所取るし、売れる時期とかもあるんで、バンバン使われたほうがバッグも幸せかなって…」
E(十代、国立大学生)言いづらいんですが、Dさん同様、私も質に出しますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「出会い系サイトを通してそういう稼げるんだ…私は一度もプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。出会い系サイトを使ってどんな異性とおしゃべりしたんですか?
C「高級レストランすら出会いはありませんでした。どの人もパッと見ちょっとないなって感じで、おしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしの話なんですが、出会い系サイトについてなんですが、まじめなお付き合いがしたくてメッセージ送ったりしてたのにいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「出会い系サイトではどんな異性と期待しているんですか?
C「批判覚悟でしれないですけど、お医者さんとか法律関係の方とか国立大学にいるような高学歴の人がいいですね。
E(現役国立大学生)わたしも、国立大に在籍中ですが、出会い系サイトを見ていてもエリートがまざっています。ただし、おすすめする相手でもない。」
出会い系サイトの特徴として援助交際オタクへの抵抗を感じる女性はなんとなく多くいるということです。
サブカルに抵抗がなくなってきている感じられる国内でも、まだオタクを恋愛対象としてとらえることは薄いようです。
不審な出会い系ユーザーを誰かが見回りをしている、そんな嘘に思えることを誰から教えてもらった人も、ネット利用者なら相当多いと思われます。
始めに、出会い系サイトだけ当てはまることではなく、いろんな掲示板やサイトでは、無差別殺人の計画、巨悪組織との交渉、子供を狙った事件、このような許しがたいやり取りが、裏でこっそりと行われていたりするのです。
そういった法に反することをそのままにしておくことは、決してあってはならないことですし、いかなり理由があろうと、犯罪者となってしまうのです。
アクセス情報を調べることは1つ1つ吟味することで、ネット犯罪者をあぶり出し、迅速に居場所を突き止め、罪に問うことができるのです。
住所が知られてしまう感じてしまう人も、心配性の人にはいるかもしれませんが、ネットの治安を守るため個人情報を最優先に考え、その上でリスクが生じないように本当に必要な情報だけを得つつ悪質ユーザーを見つけるのです。
こういう情報を見ると、治安も悪くなった、凶悪犯罪が増えてしまった、最悪な時代になった泣き叫ぶ人もいるようですが、取締りの強化で徐々に被害も少なくなり、若い女の子が傷つく事件も右肩下がりとなっているんです。
サイトの至る場所を、どんな時でも、警察などを始めいろんな人が安全強化に努めているのです。
また、また今後も凶悪者の厳罰化がさらに力を入れて、ネットで危ない目に遭う人はかなり少数になるだろうと思われているのです。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/10/15 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:その他出会い関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ