またほかのメールアドレスを利用してメールを送るだけなのです恋人、不倫相手募集

男女が集うサイトは、偽りの請求などの悪質な手口を行使して利用者の有り金を掠め取っています。
その手段も、「サクラ」を活用したものであったり、はじめから利用規約が偽りのものであったりと、盛りだくさんな方法で利用者を惑わしているのですが、警察に知られていない要素が多い為、まだまだ捕まっていないものが複数ある状態です。
特に、最も被害が顕著で、危険だと見込まれているのが、JS売春です。
言わずもがな児童売春は法的に禁止されていますが、不倫サイトの典型的で非道な運営者は、暴力団と一緒に、知っていながらこの児童を使った仕方で利用ユーザーから大金を漁っています。
ここで周旋される女子児童も、母親から強要された輩であったり苦しい事情のある人物であったりするのですが、暴力団はもっぱら利益の為に、当然の如く児童を売り飛ばし、不倫サイトと共謀して荒稼ぎしているのです。
事情のある児童だけではなく暴力団とつながった美人局のような美女が使われている可能性もあるのですが、たいがいの暴力団は、女性を性奴隷にして使うような犯罪を実践しています。
とはいえ緊急避難的に警察が制止すべきなのですが様々な兼ね合いがあって依然として取り締まりの対象にならない案件なのです。
「不倫サイトに登録したらアクセスしたら頻繁にメールが貯まるようになってしまった…どうしてこうなった?」と、ビックリしたことのある人も珍しくないでしょう。
筆者にも同様の体験はありますが不倫サイトそういった迷惑メールにてこずるケースは、利用した不倫サイトが、「無意識に」数サイトにまたがっている可能性があります。
このように仮説を立てるのは、不倫サイトの大半は、機械が同時に他のサイトに入力された情報を丸々別のサイトに横流ししているからです。
当然、これはサイトユーザーの意思ではなく、いつのまにか流出してしまうパターンがほとんどで、使っている側も、勝手が分からないうちに、何サイトかの不倫サイトから勝手な内容のメールが
さらには、自動で流出するケースでは、退会すればいいだけのことと考えの甘い人が多いものの、退会手続きをしたって状況はよくなりません。
やはり、退会もできないシステムで、他の業者に情報が流れたままです。
アドレスを拒否リストに登録してもそれほど効果的ではなく、またほかのメールアドレスを利用してメールを送るだけなのです。
一日に消去するのが面倒なほど悪質な場合はただちに慣れ親しんだアドレスを変える以外に手がないので怪しいサイトは避けましょう。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016/06/07 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:その他出会い関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ